最高水準の安全性

エアカランは、航空業界における世界最高水準の品質と規格を満たし、EASA(欧州航空安全機関)の定める欧州規制に準じて運航しています。

2007年に、航空業界の最も厳格な安全基準に基づいてIATA(国際航空運送協会)が実施する安全プログラムであるIOSA(運航安全監査)認証を取得しています。OSA認証は2年ごとに更新され、航空会社における安全性とコンプライアンスを大幅に向上させることを目的としています。

 

安全性とコンプライアンスを支える組織

エアカランの安全ならびにコンプライアンス部門(Direction Sécurité et Conformité - DSC)は、飛行安全管理システムSGSの管理を担当しており、事前および事後においても、リスクを特定し、継続的に行動、改善につなげています。SGSは、航空会社に適用される各種規制(OACI、EASAなど)に準拠し、すべての運航業務に適用されるものです。また、DSCは、安全な運航方法、航空機の耐空性、安全な保守整備を確保するために、手順の遵守を確認し、その適切な実施を監督しています。さらに、DSCは会社の業務、すなわちエアカランの航空機の運航において、常に一定の安全レベルを維持し、乗客にとって最良の安全性を確保することを目的としています。

 

安全のための日常的な訓練

運航関連スタッフは、安全性のためのスキルの維持・向上を図るため、理論面と実践面それぞれの継続的な訓練を受けています。これらのトレーニングは、監督官庁であるフランス民間航空総局(DGAC)が定める規則と、航空局の規制内容に準拠しています。

 

欧州航空安全機関(EASA)

DGACが発行するEASA Part66ライセンスは、整備技術者の優れた訓練レベルと現場での経験を保証するものです。また、エアカランの全スタッフを対象に、安全性に関する意識向上と危険に対する警戒心を強化するための活動も実施しています。
 

Flower
エアカランをおすすめする4つの理由
New Caledonia map
ニューカレドニアを感じる旅
Airplane
革新的な最新機材
Globe
世界100都市へのネットワーク (提携航空会社60社)
safety picto
安全と品質管理